家づくりにはたくさんのお金がかかります。Atelier 木粋舎では、お客様の要望・イメージと共にご予算のバランスを見ながら、間取りや仕様をご提案し、設計をしていきます。
様々な費用に関するご質問や試算もその場で概算のお見積りを出すことが可能です。

しかし立地条件・建物の大きさ・プランニング・使用する建材・住宅設備機器等、様々に異なるため、一律で値段を表示することは大変難しいことです。

とはいえ、まったく目安がなければ心配でお話を進められませんよね?
そこで、建物を建てるのにどれくらいの金額がかかるのか?
Atelier 木粋舎の代表的なプランの施工事例でご確認下さい。

「パティオを設けたロの字型プランが個性的。
緑と湖を一望できる眺望を活かした家」の場合
建坪30坪(参考)

建物本体工事 2,120万円(税別)前後
本体工事以外に必要なもの 400万円(税別)前後

「天窓から光が注ぐ、居室のようなテラス。
動線と収納にこだわった快適な平屋」の場合
建坪30坪(参考)

建物本体工事 2,100万円(税別)前後
本体工事以外に必要なもの 400万円(税別)前後

「土間と縁側のある家」の場合 建坪27坪(参考)

建物本体工事 1,820万円(税別)前後
本体工事以外に必要なもの 400万円(税別)前後

一貫した想いから
原価低減の努力をしています。

私たちは、すべてのお客様の暮らしやすさや快適さをより充実させるために、素材・性能・品質を徹底的に追及しています。
一般的に高価だと言われる仕様・素材だとしても、年間400棟もの注文住宅を市場に供給している住宅会社の仕入れ単価や、全国で多く選ばれている仕様の流通単価、大工さん・職人さんの手間賃に至るまで研究を重ね、お客様にハイクオリティー且つ適正な価格で住宅を提供するために、無駄にかかる建築コストを徹底的にカットし、その分をお客様に還元しております。

またここ数年でも、施工実績を認めて頂き、多くの協力業者様のご協力によりスケールメリットでの材料費のコストダウンも実現。

このコストパフォーマンスを維持するためにも、私たちは今日もコストダウンのための研究を続け、お客様にとって最高の1棟を作り続けているのです。

住宅ローンについて

『住宅を購入すると生活が今より苦しくなるから…』
『住宅ローン返済が始まるとしばらく旅行には行けないだろうなぁ』
『マイホームを購入して、子供の教育資金は大丈夫なんだろうか…』
『住宅ローンを組んだら今よりもっと貯蓄できなくなるんじゃないの…』

このようなことを、家づくりを考えていらっしゃる方からお聞きすることがあります。

あなたはいかがでしょうか。やはり、このような「お金の不安」を抱えていらっしゃるでしょうか?

もし、住宅ローンを組むことが、「生活が苦しくなる」ことになると思っている、もしくは知人から聞いたことがあるとしたら、それは「住宅購入」することが原因なのではなく、「住宅ローン」「資金計画」の「組み方」そのものに問題があった、のかもしれません。

Atelier 木粋舎では、FPの知識を持ったスタッフがお客様のお金の不安や疑問に対して個々にアドバイスしております。

住宅ローンという、人生で最も大きな買い物をすることに対して、漠然とした不安を感じている方は多いです。

だからこそ、まずはお客様の目線に立った、ライフプランのシミュレーションをすることで、生涯のお金の動きを把握することができ、住宅ローンを組んでも安心して暮らすことができるのではないでしょうか?

Atelier 木粋舎では、ライフプランのシミュレーションをしています。

また、住宅ローンの選び方で悩まれている方。

金利ってそもそも…?
固定金利?変動金利?

等々…、何となくはわかっていても、金融商品には、普段耳慣れない言葉や、難しい仕組みが沢山あります。

やはり、銀行員さんが金融商品等の知識や情報について、とても詳しいので、まずは銀行で色々聞いてみるのがいいかと思います。

…ですが、詳しすぎて、余計難しくなって、わからなくなってしまった…なんていうことになってしまうかもしれません。そんな時は、FP からの視点でお客様の目線に立って、アドバイス致します。

このようにAtelir 木粋舎では、お客様と共に資金計画、住宅ローンについても考えるサポート体制をとっています。家づくりを考えているけど、住宅ローンや資金計画に不安を抱えている…。という方は遠慮なくご相談下さい。